Blog


寄生獣という漫画を読んで諦めない事の大切さを改めて知りました

近年、映画化された寄生獣という漫画をまだ若い頃に読みました。週刊青年漫画雑誌モーニングに連載されていた頃は毎週購読していました。その後、連載誌が変わった頃に仕事も忙しくなりましたが、コミック本は買い続けました。主人公の高校生が宇宙から来た寄生生物に右手を支配されつつ、全身を支配された人達と戦い勝ち残る姿が描かれていました。元々、寄生生物に脳を支配された人の方が数も多いし組織されていて強いのに人間の組織はそれに較べて弱く、間にいる高校生が人間の組織に協力しつつ寄生生物の支配を脱するのです。そんな中で自衛隊の掃討部隊も壊滅させた最強の寄生獣とその高校生の戦いが圧巻です。正面から戦うとまったく敵わないので右手に寄生した寄生獣が高校生から離れて戦うという奇策を取ります。しかしそれでも倒すには至らず、高校生は右手を失った状態で逃げます。そしてもう一度戦いをを挑んだ時に、猛毒を敵の弱点に突き刺して勝機を得ます。更に、敵の統率が乱れた隙に高校生の右手が元に戻ります。戻る直前に、敵の主要な体の組織を破壊してついに敵を倒すという流れです。一度倒した敵が復活しようとしてそれにとどめを刺してこの戦いは終わります。この中で私はどんな強敵にも弱点があり、そこに打撃を集中すれば本来実力では倒せない敵でも倒せる可能性がでてくる事を学びました。丁度その頃私が仕事で競合する会社の製品の弱点を探して、その後略方法を工夫し上手く行ったのはこの漫画のおかげだと感謝しています。アルバニアホワイトニングクリームの評価を知りたい